大西石材工業株式会社

menu

沿革

幕末・明治初期 家業として石工業と農業を営む
明治36年 大西幸太郎 仁尾町江尻にて個人事業所として発足
大正・昭和初期 常時15名程度にて墓石・社寺・家屋の基礎・石垣等の施工を行う
昭和16年~戦後 戦没者の集団墓を手掛ける(例:仁尾・笠田)
昭和20年 大西治良一 ビルマ(現・ミャンマー)にて戦死
昭和26年 大西幸雄(現・会長) 5代目として家業を継ぐ
昭和32年 当時四国で初めてのダイヤモンド加工機を設置
昭和34年 現・本社地にて切削・研磨・字彫等の機械化設備
昭和36年 京都問屋に製品卸販売を始める
昭和37年 大西石材有限会社を設置(資本金70万円)
昭和48年 新開工場(現・仁尾工場)を開設
昭和55年 大西石材工業株式会社に改組(資本金3,000万円)
平成10年 沖縄県うるま市に株式会社大西石材沖縄を開設
平成17年 仲多度郡まんのう町に琴平営業所を開設
平成21年 大西康夫(現・社長) 6代目として家業を継ぐ
平成29年 新開工場敷地内に仁尾総合展示場を開設
平成31年 会長 大西 幸雄逝去
令和元年 大西 康夫が会長に、伊賀裕之が社長に就任